So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

豊橋 炎の祭典 [イベント]












9月にあった炎の祭典。

手筒花火を見てみたくて行ってみたが・・。

球場で行われ、座席指定の有料イベント。

花火の他に歌や踊りや太鼓の出し物がある。

会場の外ではいろんな屋台が出て賑やかだった。


イベントが始まると花火も仕掛け花火や、打ち上げ花火などで楽しませてくれるが、

ho1.jpg


ho2.jpg


ただ席が後ろの方のA席のパイプ椅子の1000円の席だったので、

手筒花火の迫力は楽しめなかった。

ho3.jpg


前の方で火柱が上がってるのが見えてるって感じ。

ho4.jpg


ho5.jpg


ho6.jpg


大きな画面で見ることもできるが、やっぱりそれじゃ物足りない。

でも前の方の桟敷席は4000円くらいしたような・・。

手筒花火はいろんな地区の十数人の団体が

順番に20秒くらいの手筒花火を披露していく形。

途中から雨もぱらついてきたが、周りの迷惑になるから

傘をさすのも禁止だという。

帰る人たちも結構いた。


ho7.jpg

また行きたいかと聞かれればもういいかな。

すぐ近くで見れるなら見てみたいけど。









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

奇跡の一本松 [旅]








道を隔てた近くの駐車場に停めて、工事中の道を歩いて行かなければならなかった。

ip1.jpg

周辺はまだまだ工事中。

一本松の奥には崩れたコンクリートの建物がまだ生々しく佇んでいた。

ip9.jpg


ip5.jpg


一本松は枯れてしまって、モニュメントになってるが、瓦礫のそばでたった一本

まっすぐ伸びるその姿はやはり勇気づけられるものがある。

ip6.jpg

ip8.jpg

ip10.jpg










nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

南三陸の丘の上から [旅]






石巻から北上するにしたがって、海岸近くに工事してる光景を目にするのが多くなり、

南三陸のあの震災の象徴のような防災庁舎の周辺も、多くの重機が工事していた。

ms3.jpg


防災庁舎も近づくことはできず、側の高台から眺めるだけだが、

改めて震災の凄さと悲惨さを考える。

ms1.jpg


ms2.jpg


しかし、高台には仮設の商店街があり、観光客などで賑わっていた。

復興まではまだまだ長い道のりだろうが、希望を感じた。


ms4.jpg






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

石巻 石ノ森章太郎漫画館 [旅]










石巻の町中には、石ノ森作品のキャラクターがいっぱい。

i1.jpg


i2.jpg


i3.jpg


i4.jpg


このあたりの1階部分や、石ノ森章太郎漫画館の1階は浸水したみたいだ。


i5.jpg


さすがにもう震災の跡はわからなかったが。


入口にはキャラクターが出てくる仕掛け時計や、

仮面ライダーが乗ってただろう(知らないので)車などがあり、

入る前にわくわくさせてくれる。

歴代仮面ライダーのマスクが並んでいるのは迫力があった。

石巻のオリジナル作品、シージェッター海斗という作品を見た。

まあ、予算の関係だろうが、見るからに安いライダースーツだった。








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

松島 [旅]








日本三景の一つ、松島。

ma1.jpg

天気が良くなくて、景色が映えないが、観光客は多く、観光船は賑わってたな。

ma2.jpg

この辺りは震災の影響があまりなかったのか、復旧したのかはわからないが、

震災の雰囲気は感じなかった。


ma3.jpg

ma4.jpg



これで日本三景全部訪れたが、天気のせいだけじゃないと思うが、

それほどとは思わなかった。












nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

広島 縮景園 [旅]









広島の縮景園。


sh1.jpg広島駅の近く。


そこそこ大きい。池には色鮮やかな立派な鯉たちが。餌も売ってる。

ただ、山を模した造りがあったりして、妙にアップダウンがあっていまいち好きじゃないな。


sh3.jpg


sh4.jpg


sh6.jpg


蟹が元気に歩き回ってた。


sh5.jpg


広島城も遠くないので見てきたけど、

sh7.jpg

広島城が鯉城と呼ばれてたのも初めて知った。

それでカープなのか。

鯉を崇めたりしてる。

sh8.jpg


sh9.jpg


sh10.png







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

広島平和記念式典に行ってきた [イベント]









長崎に行った時に広島の原爆資料館も一度見ておこうと思っていて、

ちょうど記念式典だったので、式典も一度は出てみようと、朝早くから出かけた。


he5.jpg

7時前に着いたが公園まわりはもう人が溢れていた。

川まで厳重な警戒。警官も溢れていた。

he1.jpg


ネットでも見ていたが、7時にはテントの中の一般席は埋まってた。

改修中のフェンスのせいもあって、会場後ろの通路は大混雑。

he4.jpg


he8.jpg


式典は8時から8時45分。会場までの道でパンフレットや献花用の花を配っていたのだが、

パンフレットもらっていてよかった。

日射しが強すぎて、パンフレットを日よけにしないと立ってられない。

式は滞りなく進んで行ったが、広島市長がスピーチの最後に日付を言う時、

8月<8日>と間違えてしまった。すぐに言い直したが、

会場からは小さな失笑とどよめきが。

絶対間違えちゃいけないところ。そこ間違えるかなあ。

あと、子供代表の誓いのとき、女の子が、宝塚のものまねでよくやってるような

しゃべり方だった。無理に子供を出す必要もないのにな。

首相のあいさつ等もなんなく終わり、

最後にみんな慰霊碑に献花して帰っていく。

花を持っていなかったので、そのまま平和記念資料館に。

he6.jpg


長崎と比べてどうこう言うのもおかしいが、長崎と比べると近代的な凝った展示。


he7.jpg


he3.jpg


最後はやっぱり原爆ドームを見に行って平和に感謝。










nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

滋賀 信長の館 [旅]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新感覚!みかんチップス(熊本県産)25gX4袋(送料込)
価格:3024円(税込、送料無料) (2017/8/9時点)








少し前に戦国時代の歴史物の本を読んでいたので、

滋賀に行ったついでに信長の館に行ってみた。

ちょっとした山のふもとに考古博物館やしゃれた昔の駐在所や、

校舎や古い保存された民家などがあり、

n2.jpg

n3.jpg


それら群がった施設の中にある六角形の建物が信長の館。


n1.jpg

この建物の中に安土城の天守閣が再現してある。

ただ写真を撮るのはOKなのだが、ネットへの投稿は禁止されている。

でも、ネットで探せばいっぱい画像あるけどね。

というわけで、加工した画像だけ載せておこう。

n7.jpg

n6.jpg

n8.jpg



鮮やかな赤色の柱や金の豪華絢爛の間など、もし現存してたら世界遺産にでもなってただろうな。

司教が描いたと言われる信長の肖像画があったが、教科書で見た小さな目でチョビヒゲの

信長と違って、凛々しく渋い信長だった。

ただ、これも後でネットで見たら、美術学生が聞いた情報だけで描いたとも言われていて、

実際のところはわからない。


n4.jpg


近くの安土城跡を見に行ったが、本当に周りに何もない山の上。

安土城がそのまま残ってたら周りの栄え方も違ったかもしれないが、

でもやっぱり場所がここじゃダメな気がする…。



n5.jpg


最後に廃墟としてネットで話題になってたピエリ守山に寄った。

当たり前だが、もう普通に賑やかなショッピングモールになってた。

ただ飲食店が建物の両端に少し隔離されたようにあるのが気になった。

廃墟と言われてるうちに1回見ておきたかったな。











nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

MIHOミュージアム行くならやっぱり春 [旅]

MIHOミュージアムを雑誌か何かで見て、その凝った建築に興味を持ったが、

これだけ立派な美術館なのに、あんまりメジャーじゃないなと思ってたら、

秀明会とかいう宗教が建てた美術館で、その会主の小山美秀子という人のコレクションを

展示している美術館だった。

一度行ってみたかったのだが、美術館までの道には桜が並んでいるという事で、

やっぱり行くなら春だなと思って桜の頃に行ってきた。

桃源郷をテーマにしてるという事なのだが、なかなかの山の中。

そう気軽に行こうとはなれない場所だった。

それでも駐車場には車がいっぱい、バイクもいっぱい。

桜の季節だから余計多かったのかな。

まず最初にレストランと一緒になった建物で料金を払う。

m2.jpg

レストランにも行列ができていた。

この宗教、自然農法みたいのにもこだわってるみたい。よく知らんけど。

水のサービスはあった。

m1.jpg

ここから美術館までカートみたいなのに乗って行くこともできるが、

やっぱり歩いて行くでしょう。


m3.jpg


桜の道を通り、トンネルを抜けると、美術館が現れる。

m5.jpg

トンネルに桜のピンクが写った景色が幻想的。

m8.jpg

美術館からは離れたところにあるこの宗教の大きな会館と塔が見える。

美術館も綺麗で立派だし、いったいどれだけ金集めてんだ?と考えてしまうが、

まだ一般に公開して社会に還元してるだけでいいのかな。

前にテレビで見た日本一大きな釣鐘持ってる宗教なんかは、広大な敷地の中に

豪華絢爛なお堂や、仏像、塔などがあるが、一般には非公開。

色々問題にもなってるような宗教。

宗教って本当に儲かるんだなと思った美術館だった・・。


同じ滋賀にあるもう一つの行きたかった美術館、成田美術館にも行ってきた。

こちらは普通の住宅街というか、むしろ古い町並みの中にある一軒家みたいな

こじんまりした美術館。

m9.jpg

ルネ・ラリックのガラス工芸作品をゆっくり見ることができる。

最後にはお茶のサービスもあった。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -